日帰り手術OUT-PATIENT SURGERY

入院なしの日帰り手術で
気持ちよく
とおる鼻へ回復

日帰り手術とは入院の必要がない手術のことです。
局所麻酔のもと比較的短時間でおこなうぶん、高度な医療知識・技術と豊富な臨床経験が求められ、富山県内でおこなっている医療機関はまだ数施設しかありません。効果的かつ持続的に症状が緩和・解消できることはもちろん、その他にもさまざまなメリットが得られ、アレルギー鼻炎や副鼻腔炎、また、それらによる鼻づまりで長らくお悩みの方にとっては、またとない治療法といえます。

[メリット]
  • 効果的かつ持続的に症状が緩和・解消できる
  • 学校や職場にすぐ復帰できる
  • 身体への負担が軽減できる
  • 薬の量を低減できる
  • 医療費が節約できる
[対象疾患]
アレルギー性鼻炎
血管運動性や肥厚性鼻炎といった鼻閉を伴う状態には、アルゴンプラズマ療法を適用します。これは、アルゴンプラズマコアグレーターをつかい、短時間で広範囲の鼻粘膜を均一に焼灼・変性させる手術で、鼻粘膜の腫れを軽減して鼻づまりを解消するほか、くしゃみ・鼻水も緩和します。約30分かけて局所麻酔をするので痛みはほとんどありません。
また、個人差はありますが、約2年間、効果が持続します。

副鼻腔炎
鼻茸(鼻ポリープ)のある副鼻腔炎には局所麻酔下鼻茸摘出術を適用します。これは、マイクロデブリッターをつかい、鼻茸を吸引しながら切除する手術で、副鼻腔のふさがりをなくして鼻づまりを効果的に解消します。約30分をかけて局所麻酔をするので痛みはほとんどありません。また、出血もごくわずかにおさえられます。

日帰り手術の流れ

診察

これまでの経過やいまの症状についてお聞きするほか、鼻内の状態を診て必要があればレントゲン撮影をおこないます。

手術前検査

安全で確実な手術をおこなうため、患部の状態を把握する内視鏡検査のほか、全身の状態を把握する血液検査をおこないます。

手術説明

検査の結果についてご説明します。さらに、それをふまえたうえで、手術の内容、術前・術後の注意点、緊急時の対応などについてご説明します。

手術

指定の日時にご来院いただき手術をおこないます。
所要時間は局所麻酔や安静の時間を含めて約45分間です。

経過観察

定期的にご来院いただき、術後の処置をおこないます。
また、必要に応じて内服薬を処方します。